【省エネ補助金】住宅エコリフォーム推進事業とは?【2022】

住宅エコリフォーム推進事業とはカーボンニュートラルの実現に向け、住宅を高い省エネ性能へと
改修する取組に対して、国が直接支援を行う事業です。

省エネ診断

【補助率】
民間実施:国と地方で2/3(直接補助の場合は国1/3)
公共実施:国1/2

省エネ設計等

【補助率】
民間実施:国と地方で2/3(直接補助の場合は国1/3)
公共実施:国1/2

省エネ改修(建て替えを含む)

【補助率】
民間実施:国 戸建住宅等 11.5%、マンション 1/6
公共実施:国 11.5%

対象となる工事

開口部、躯体等の断熱化工事、設備の効率化に係る工事
※設備の効率化に係る工事については、開口部・躯体等の断熱化工事と同額以下。
※改修後に耐震性が確保されることが必要(計画的な耐震化を行うものを含む)。
※令和6年度末までに着手したものであって、改修(部分改修を含む)による省エネ性能が
ZEHレベルとなるものに限定する。

補助限度額【国の補助額(補助率11.5%の場合)】

建物の種類省エネ基準適合レベルZEHレベル
戸建住宅383,300円/戸512,700円/戸
共同住宅1,900円/㎡2,500円/㎡

 住宅エコリフォーム推進事業実施支援室より抜粋

補助対象の要件等

①省エネ診断性能の証明書取得費用など
②省エネ設計等設計費用など
③省エネ改修
(建替えを含む)
開口部・躯体等の断熱化工事、設備の効率化に係る工事
・R4年9月1日以降の契約かつ事業者登録後に着手した工事
・①は事業者登録前の実施でも可
・①~③は重複して申請可能
・②は③と併せて実施する場合のみ対象
・改修後の耐震性確保が必要(計画的な耐震化含む)
・設備の効率化工事は、開口部・躯体等の断熱化工事と同額以下
・改修による省エネ性能がZEHレベル(下表)

ZEHレベルについて

補助対象の要件等 全体改修または建替え

補助対象の要件等 部分改修工事

国土交通省「住宅エコリフォーム推進事業について」より抜粋

申請手続きの流れ

・令和4年9月14日に支援室ホームページにおい  て登録受付を開始予定です。
・本事業はjGrantsを利用したオンライン申請となりますので、下図の通り、事業者登録の前に「gBizID」のアカウント取得が必要です。
・他の補助事業で既に「gBizID」を取得済の場合は、共通して利用することができます。

申請スケジュール

事業者登録受付     令和4年9月14日~令和4年12月16日(予定)
登録事業者の公開    事業者登録後随時
交付申請受付      令和4年9月14日~令和5年1月13日(予定)
完了実績報告の申請期限 令和4年10月12日~令和5年2月28日(予定)

お問い合わせフォーム

本サイトの運営会社「サポート行政書士法人」の各補助金の専門スタッフから、
お電話またはメールにてご連絡させていただきます。

※申請に必要なアカウントの作成、IDの再発行などのご質問は、各補助金の事務局等へ直接お問い合わせください。

    会社名(法人の場合)
    お名前 必須
    メールアドレス必須
    TEL必須
    所在地(市区町村まで)

    都道府県:

    市区町村:

    現在の業種(複数選択可)
     ※「その他」の場合ご記入ください:(
    従業員数
    ご質問内容必須
    どの補助金に関するご質問ですか?必須
     ※「その他」の場合ご記入ください:(

    ※迅速な回答を心がけていますが、返信がない場合はお手数ですが再度問い合わせください。

    ※本サイトの運営会社の営業時間は平日9:00~18:00となっております。営業時間外のお問合せについては、翌営業日以降の対応となる場合があります。

    ※ご質問内容によっては対応致しかねる場合がありますので、予めご了承ください。