「生活衛生関係営業への支援」

  • #経営改善

生活衛生関係営業の計画的な振興を図る観点から、生活衛生関係営業者は、経営相談・指導を受けることができます。さらに、衛生水準を高め、経営の近代化を促進するために必要な資金については、株式会社日本政策金融公庫から融資を受けることができます。

 

地域
  • 全国
実施機関日本政策金融公庫
公募期間2021/03/04~2022/03/31
上限金額・助成額2,000万円
補助率貸付期間:設備資金10年以内、運転資金7年以内
利用目的
  • 経営改善
対象経費生活衛生資金貸付
公式公募ページhttps://seido-navi.mirasapo-plus.go.jp/supports/704

 

この補助金・助成金を見ている方へおすすめ

#経営改善 #設備の導入・更新

公募期間:2022/04/28~2022/06/10

令和4年度麦・大豆保管施設整備事業≪第3次≫

国産麦・大豆を新たに一定数量保管し、需要に応じて供給することにより安定供給体制の強化に取り組む者に対して、必要な保管施設及びその附帯設備、保管施設の整備と一体的に行う処理加工施設の整備を支援します。

上限金額・助成額

30,000万円

#設備の導入・更新 #環境・省エネ・再エネ

公募期間:2023/10/16~2023/11/24

二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(バッテリー交換式EVとバッテリーステーション活用による地域貢献型脱炭素物流等構築事業(モデル構築支援事業))≪第2次≫(令和5年度)

地域防災計画や地方公共団体との協定等により災害時に避難施設等として位置づけられた物流・配送拠点等における車両等を電動化するとともにバッテリー交換式とし、各物流・配送拠点等をエネルギーステーション化することで、地域の再生可能エネルギーを活用した脱炭素型物流モデル構築と物流・配送拠点等の防災拠点化を同時実現して地域貢献型の新たな脱炭素物流モデルを構築する事業に補助金を交付します。

上限金額・助成額

12,000万円

#人材雇用・育成 #研究開発 #環境・省エネ・再エネ

公募期間:2022/02/28~2022/04/20

令和4年度 国際原子力人材育成イニシアティブ事業(原子力人材育成等推進事業費補助金)

東京電力福島第一原子力発電所事故の教訓を踏まえ、原子力安全の確保や更なる向上を図るとともに、原子力関連技術のイノベーションを促進するためには、これらを実現する人材の育成・確保が必要である。令和4年度についても、提案する機関が所有する人材育成資源を幅広く展開・共有を図る取組の公募を行うこととし、未来社会に向けた先進的原子力教育コンソーシアム(Advanced Nuclear Education Consortium for the Future Society:ANEC)の一部として実施する課題とANECとは連携して実施する個別課題の2つに分けて公募を行うこととする。

上限金額・助成額

1,500万円