愛知県一宮市:「一宮市新型コロナウイルスクラスター対策補助金」

  • #経営改善

新型コロナウイルス感染症のクラスターが発生した施設の事業者に対し、施設名について愛知県が公表した、または一宮市が公表することへ同意し、施設改修などの感染症対策を実施することを条件として、施設における円滑な事業再開や感染症対策に向けた経済支援を行うため、当該感染症対策に関する経費を補助します。

 

地域
  • 愛知県
実施機関一宮市
公募期間
上限金額・助成額100万円
補助率補助対象経費の10分の10
利用目的
  • 経営改善
対象経費○補助対象となる感染症対策(補助対象経費) ・改装  感染症対策に要する施設の改装 ・物品購入  消毒に要するもの、飛沫対策に要するもの、換気に要するもの、その他感染症対策に要するものの購入 ・委託等  消毒作業等の外注、従業員指導等のための専門家活用、その他感染症対策に要するものの委託等
公式公募ページhttps://www.city.ichinomiya.aichi.jp/covid19/1033848/1037955.html

 

この補助金・助成金を見ている方へおすすめ

#環境・省エネ・再エネ

公募期間:2022/03/01~2022/04/28

【愛知県】愛知県循環型社会形成推進事業費補助金(排出抑制関係設備整備事業)

愛知県では、産業廃棄物税※1を活用して、地域における環境産業の振興や循環型社会の形成を図るため、2006年度から先導的で効果的な廃棄物のリサイクル関係設備等の整備や事業化検討に対して支援をしています。
 2022年度からは、サーキュラーエコノミー※2に資する製品の製造設備を補助対象に追加することとし、この度、以下の補助事業を行う事業者を募集します。※3
○ リサイクル関係設備整備事業:リサイクル設備及びリサイクルしやすい製品の製造設備の整備
○ 排出抑制関係設備整備事業:廃棄物の排出抑制設備及び廃棄物となりにくい製品の製造設備の整備
○ プラスチック関係設備整備事業:廃プラスチックの処理設備及びプラスチックの使用量削減に貢献する製品の製造設備の整備
○ 循環ビジネス事業化検討事業:資源循環に係る事業化検討
※1 産業廃棄物税とは、愛知県内の最終処分場に産業廃棄物を搬入する場合に課される税金で、2006年4月1日から導入しています。
※2 サーキュラーエコノミーとは、あらゆる経済活動において、製品やサービスの設計段階から廃棄物の発生や汚染を出さないようデザイン(エコデザイン)するとともに、生産から利用の段階では製品と資源の価値を可能な限り長く保全・維持したまま循環させることで、資源の投入量と廃棄物の発生量を最小化する経済システムです。
※3 本募集は令和4年度当初予算の成立を前提としています。また、今後、成立した予算の内容に応じて補助事業の内容等に変更が生じることがあります。

上限金額・助成額

5,000万円

#人材雇用・育成

公募期間:2022/04/01~2023/03/31

【愛知県】中小企業応援障害者雇用奨励金

障害者雇用の経験のない中小企業が、対象となる障害者を初めて雇用した場合に奨励金を支給します。

上限金額・助成額

60万円

#研究開発 #環境・省エネ・再エネ

公募期間:2022/03/01~2022/04/28

【愛知県】愛知県循環型社会形成推進事業費補助金(循環ビジネス事業化検討事業)

愛知県では、産業廃棄物税※1を活用して、地域における環境産業の振興や循環型社会の形成を図るため、2006年度から先導的で効果的な廃棄物のリサイクル関係設備等の整備や事業化検討に対して支援をしています。
 2022年度からは、サーキュラーエコノミー※2に資する製品の製造設備を補助対象に追加することとし、この度、以下の補助事業を行う事業者を募集します。※3
○ リサイクル関係設備整備事業:リサイクル設備及びリサイクルしやすい製品の製造設備の整備
○ 排出抑制関係設備整備事業:廃棄物の排出抑制設備及び廃棄物となりにくい製品の製造設備の整備
○ プラスチック関係設備整備事業:廃プラスチックの処理設備及びプラスチックの使用量削減に貢献する製品の製造設備の整備
○ 循環ビジネス事業化検討事業:資源循環に係る事業化検討
※1 産業廃棄物税とは、愛知県内の最終処分場に産業廃棄物を搬入する場合に課される税金で、2006年4月1日から導入しています。
※2 サーキュラーエコノミーとは、あらゆる経済活動において、製品やサービスの設計段階から廃棄物の発生や汚染を出さないようデザイン(エコデザイン)するとともに、生産から利用の段階では製品と資源の価値を可能な限り長く保全・維持したまま循環させることで、資源の投入量と廃棄物の発生量を最小化する経済システムです。
※3 本募集は令和4年度当初予算の成立を前提としています。また、今後、成立した予算の内容に応じて補助事業の内容等に変更が生じることがあります。

上限金額・助成額

500万円