新築建築物のZEB 化支援事業

  • #設備の導入・更新
  • #環境・省エネ・再エネ

■事業概要
2050年カーボンニュートラルの実現、そのための温室効果ガスの2030年46%減(2013年比)の政府目標の早期達成に寄与するため、建築物等におけるZEB化・省CO2改修の普及拡大により脱炭素化を進める。そのために、分野にかかわらず広く建築物等において大幅な脱炭素化の促進に必要となる経費の一部を支援する事業です。

 

地域
  • 全国
実施機関環境省
公募期間2023/02/13~2023/03/31
上限金額・助成額50,000万円
補助率【新築建築物のZEB 化支援事業 】
①レジリエンス強化型の新築建築物 ZEB 化実証事業
②新築建築物の ZEB 実現に向けた先進的省エネルギー建築物実証事業

2,000㎡未満(上 限 3 億円)  
補助率
①『ZEB』 2/3
  Nearly ZEB 3/5
  ZEB Ready 1/2
②『ZEB』3/5
  Nearly ZEB 1/2
  ZEB Ready 補助対象外

2,000㎡~10,000㎡(上 限 5 億円)
①ー
②『ZEB』 3/5
  Nearly ZEB 1/2
  ZEB Ready 1/3

10,000㎡以上(上 限 5 億円)
①地方公共団体のみ対象補助率は同上
②地方公共団体のみ対象
 『ZEB』 3/5
  Nearly ZEB 1/2
  ZEB Ready 1/3
  ZEB Oriented 1/3

【既存建築物のZEB 化支援事業 】
①レジリエンス強化型の新築建築物 ZEB 化実証事業
②既存建築物の ZEB 実現に向けた先進的省エネルギー建築物実証事業

2,000㎡未満(上 限 3 億円)
①『ZEB』 2/3
  Nearly ZEB 2/3
  ZEB Ready 2/3

②『ZEB』 2/3
  Nearly ZEB 2/3
  ZEB Ready 補助対象外

2,000㎡~10,000㎡(上 限 5 億円)
①地方公共団体のみ対象
 『ZEB』 2/3
  Nearly ZEB 2/3
  ZEB Ready 2/3

②地方公共団体のみ対象
  『ZEB』 2/3
  Nearly ZEB 2/3
  ZEB Ready 2/3


10,000㎡以上(上 限 5 億円)
①地方公共団体のみ対象
 『ZEB』 2/3
  Nearly ZEB 2/3
  ZEB Ready 2/3

②地方公共団体のみ対象
  『ZEB』 2/3
  Nearly ZEB 2/3
  ZEB Ready 2/3
  ZEB Oriented 2/3

利用目的
  • 設備の導入・更新、
  • 環境・省エネ・再エネ
対象経費・新築建物の費用
・既存建物の改修費用
公式公募ページhttp://www.siz-kankyou.jp/2022CO2.html

 

この補助金・助成金を見ている方へおすすめ

#IT関連 #経営改善 #設備の導入・更新

公募期間:2023/11/28~2024/01/29

IT導入補助金2023(デジタル化基盤導入枠(複数社連携IT導入類型))≪第5回≫

個社のデジタル化、DX化の推進を行うと同時に、業務上の繋がりのある「サプライチェーン」や、特定の商圏で事業を営む「商業集積地」において、一斉にデジタル化やDX化を進めることも重要であるとの認識の下、サプライチェーンや商業集積地の複数の中小・小規模事業者等が連携してITツールを導入することにより、面的なデジタル化、DX化の実現や、生産性の向上を図る取組に対して、「通常枠」よりも補助率を引き上げた「複数社連携IT導入類型」を設け、複数社へのITツールの導入を支援するとともに、効果的に連携するためのコーディネート費や取組への助言を行う外部専門家に係る謝金等を含めて支援します。

上限金額・助成額

3,000万円

#人材雇用・育成

公募期間:2021/04/01~2022/03/31

「重度障害者等通勤対策助成金(駐車場の賃借助成金)」

重度身体障害者、知的障害者、精神障害者または通勤が特に困難と認められる身体障害者を雇い入れるか継続して雇用している事業主、またはこれらの重度障害者等を雇用している事業主が加入している事業主団体が、これらの障害者の通勤を容易にするための措置を行う場合に、その費用の一部を助成するものです。

上限金額・助成額

5万円

#設備の導入・更新

公募期間:2022/04/05~2022/12/20

令和4年度香川県サテライトオフィス拠点整備補助金

首都圏への過度の一極集中のリスクが改めて認識される中、場所にとらわれないテレワークの活用や地方移住への関心の高まりを契機と捉え、県外から県内への企業及び人の移転を促進することを目的として、テレワークに取り組む県外企業等を対象にサテライトオフィスの拠点整備を行う民間事業者に対し、その整備に必要な経費の一部を補助します。
※補助金の交付申請前、原則1か月前までに事前相談してください。

上限金額・助成額

500万円