既存住宅における断熱リフォーム支援事業(居間だけ断熱)

  • #設備の導入・更新
  • #環境・省エネ・再エネ

既存住宅において、省CO2関連投資によるエネルギー消費効率の改善と低炭素化を総合的に促進し、
居間(日常生活の中心であり、家族全員の在室時間が長い居室)に高性能建材(窓)を用いた断熱改修を支援します。

※公募期間(開始日)は現時点での予定であり、今後変更となる可能性があります。

 

地域
  • 全国
実施機関公益財団法人 北海道環境財団
公募期間2022/09/12~2022/11/18
上限金額・助成額120万円
補助率補助対象経費の1/3以内

<補助対象製品ごとの補助額>
▼高性能建材(ガラス・窓・断熱材・玄関ドア・LED照明)
 戸建住宅1戸当たり:120万円
 集合住宅1戸ごとに:15万円(このうち、玄関ドアは、戸建住宅1戸当たり:5万円、集合住宅1戸ごとに:5万円)
▼家庭用蓄電システム
 20万円
▼家庭用蓄熱設備
 20万円 
▼ 熱交換型換気設備等
  5万円 
※算出された補助金の額に1,000円未満の端数が生じた場合には、これを切捨てるものとする
利用目的
  • 設備の導入・更新、
  • 環境・省エネ・再エネ
対象経費戸建て住宅   :家庭用設備(家庭用蓄電システム・家庭用蓄熱設備)・熱交換型換気設備等の導入・改修
集合住宅(個別):熱交換型換気設備等の導入・改修
集合住宅(全体):断熱改修と同時に行う共用部のLED照明器具への切替
公式公募ページhttp://www.heco-hojo.jp/yR03/danref/index.html

 

★専門家の目線★

今まで「窓と玄関ドアだけ改修したい」というニーズに応えた
国の補助金はありませんでしたが、本補助金では
「居間だけ断熱」という内容が2022年から新たに追加され、
注目の補助金となっています。
(現在でしたら、こどもみらい住宅支援事業が使えますが)

まず、「居間だけ断熱」の1居室の認識が他の補助金と異なります。
通常、1部屋の全て開口部となると階段などがある場合に、
2階の踊り場や廊下にある窓も改修する必要があります。
しかし、「居間だけ断熱」の場合は、【同じ平面にある全ての窓】なので、
階段の踊り場や2階の廊下の窓が改修が必須要件ではありません。
そのため「1階のリビングの窓だけ改修したい!」というお客様にも提案ができます。

ただし、交付申請を行ってから約1カ月半後に交付決定が出ますが、
その交付決定後でないと、工事契約も工事着工もできません。
お客様の工事希望時期と申請期間を見ながら提案する必要があります。

<注意事項>
交付決定時に発行される事業番号をいれたボードが入った
工事前写真がないと、補助が取り消される可能性があります。

この補助金・助成金を見ている方へおすすめ

#設備の導入・更新

公募期間:2022/04/05~2022/12/20

令和4年度香川県サテライトオフィス拠点整備補助金

首都圏への過度の一極集中のリスクが改めて認識される中、場所にとらわれないテレワークの活用や地方移住への関心の高まりを契機と捉え、県外から県内への企業及び人の移転を促進することを目的として、テレワークに取り組む県外企業等を対象にサテライトオフィスの拠点整備を行う民間事業者に対し、その整備に必要な経費の一部を補助します。
※補助金の交付申請前、原則1か月前までに事前相談してください。

上限金額・助成額

500万円

#設備の導入・更新 #災害関連 #環境・省エネ・再エネ

公募期間:2022/06/20~2022/07/29

令和3年度補正予算 ストレージパリティの達成に向けた太陽光発電設備等の価格低減促進事業(二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金)(3次公募)

屋根等を活用した自家消費型の太陽光発電設備や蓄電池の導入を支援するものです。これにより、太陽光発電設備や蓄電池の価格低減を促進しながら、ストレージパリティの達成、ひいては地域の脱炭素化と防災性の向上を目指します。

上限金額・助成額

95万円

#経営改善 #海外展開 #販売促進

公募期間:2022/09/29~2023/01/13

新市場開拓支援事業費補助金 (フロンティア補助金)≪第4期≫

酒類事業者が直面する国内需要の減少、酒類事業従事者の高齢化といった構造的課題や、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により顕在化した課題への解決に向けて、国内外の新市場を開拓するなどの意欲的な取組を支援することにより、酒類業のポストコロナに向けた経営改革・構造転換を促すことを目的としています。
※第一次締切:2022/11/07

上限金額・助成額

500万円