杉並区再生可能エネルギー等の導入助成及び断熱改修等省エネルギー対策導入助成(令和4年度)【エコ住宅促進助成】

  • #設備の導入・更新
  • #環境・省エネ・再エネ

杉並区では、二酸化炭素排出が無い、あるいは少ないエネルギー機器である、太陽エネルギー利用機器、定置用蓄電池、省エネルギー機器、省エネルギー住宅、雨水タンクに対して導入経費を助成しています。
この助成金は、エネルギーの使用効率を高めるとともに、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの排出量を減らすことで、持続可能な社会の実現に寄与すること等を目的としています。

 

地域
  • 杉並区
実施機関杉並区
公募期間2022/04/08~2023/02/27
上限金額・助成額30万円
補助率補助対象により異なる
利用目的
  • 設備の導入・更新、
  • 環境・省エネ・再エネ
対象経費・強制循環式ソーラーシステム
・自然循環式太陽熱温水器
・太陽光発電システム
・定置用リチウムイオン蓄電池
・自然冷媒
 ヒートポンプ給湯器
 エコキュート
・家庭用燃料電池
 エネファーム
・高日射反射率塗装(屋根/外壁)
・ガラスの交換
・内窓の設置
・ドア/引戸の交換
・雨水タンク
公式公募ページhttps://www.city.suginami.tokyo.jp/guide/gomi/syouene/1004921.html

 

<令和4年度の変更点>
令和4年度から、高日射反射率塗装は屋根及び外壁塗装が対象になります。
対象は、国内の第三者機関における日射反射率測定値が近赤外線領域において50%以上の未使用の塗料、
またはそれに準じた性能を持つと区長が認める塗料で、既存建物に施工する場合です。

<予算>
再生可能エネルギー等の導入助成 44,160,000円 
(太陽光発電システム、定置用リチウムイオン蓄電池、強制循環ソーラーシステム、自然循環式太陽熱温水器)
断熱改修等省エネルギー対策助成 34,800,000円 
(自然冷媒ヒートポンプ給湯器、家庭用燃料電池(エネファーム)、高日射反射率塗装(屋根・外壁)、窓断熱改修、雨水タンク)

この補助金・助成金を見ている方へおすすめ

#環境・省エネ・再エネ

公募期間:2021/06/28~2022/03/31

東京都:「水素を活用したスマートエネルギーエリア形成推進事業(業務・産業部門)(令和3年度以降の申請)」

東京都は、ゼロエミッション東京の実現を目指し、水素エネルギーの普及拡大に取り組んでいます。 省エネ、低炭素化、レジリエンスの向上に資する業務・産業用燃料電池の導入に対して助成を行っています。

上限金額・助成額

33,300万円

#経営改善

公募期間:2022/03/02~2022/06/15

【三重県】三重県地域経済復活支援金

2022年1月のまん延防止等重点措置発出に伴う経済活動の停滞等による影響により、県内の幅広い業種の事業者の経営状況は一段と厳しさを増しています。この状況をふまえて、地域経済の衰退を防ぐためにも、厳しい状況にある県内の中小法人・個人事業者等の事業継続・事業回復を支援するため、支援金を支給します。

上限金額・助成額

30万円

#経営改善 #融資

公募期間:2021/08/02~2022/03/31

令和3年度大雨・台風農業被害対策資金

島根県では、「令和3年7月大雨農業被害対策資金」の融資対象者を拡大し、名称も「令和3年度大雨・台風農業被害対策資金」に改めて、令和3年7月及び8月の大雨、台風9号により被害を受けられた農業者の施設等の復旧を支援します。

上限金額・助成額

3,000万円