いまさら聞けない?補助金のキホンQ&A

はじめて補助金を申請する方へ
補助金に関する基本情報をまとめました。「そもそも補助金ってどういうものなの?」という方は、まずはこちらをご覧ください。
申請のサポートはこちら! 

 

補助金のキホンQ&A

Q.そもそも「補助金」とは何ですか?

A.

補助金とは、国・自治体・その関連機関などが事業者の取り組みをサポートするために、資金の一部を給付するというものです。

補助金を出す各省庁や自治体の政策目標によって、様々な分野の補助金が募集されています。自分が現在行っている事業や、これからやりたいこと(野望)とマッチした補助金がきっと見つかるはずです。

Q.自分に合った補助金の探し方とは?

A.

まずは事業を行っている自治体の補助金を調べてみましょう。

とはいえ、国や自治体が扱う補助金はかなり種類が多いので、いちいち自分で検索して探すのは大変です。


そんなときはぜひ、補助金検索補助金診断を活用しましょう!

補助金診断では地域や目的さえ決まっていれば簡単に補助金を検索できます。

補助金を活用してやりたいことがある程度固められてきたら、補助金診断をご活用ください。専門家があなたに合った補助金を無料で診断いたします。

Q.補助金と助成金の違いとは?

A.

どちらも国や自治体、関連団体から支給されるお金のことです。違いは主に、受給のハードルの高さにあります。

助成金」は、給付条件を満たしていればもらえる可能性が高いです。対して「補助金」は採択件数や金額が決められている場合が多く、申請したからといって必ずもらえるとは限りません。書類審査に通らなければいけないため、提出書類の内容がかなり重要です。

Q.書類審査を突破するにはどうしたらいいですか?

A.

提出書類を通して、補助金の目的・趣旨に自分の事業がマッチしているということや、補助金を受給する必要性をアピールする必要があります。


しかし、ひとりですべての書類を準備するのはかなり骨が折れます。書類作成をするために自分が今行っている事業をストップするわけにもいきませんよね。
そんなときは行政書士に手伝ってもらうのも有効な解決手段になるでしょう。サポート行政書士法人では、いつでも無料相談を承っております。

Q. 補助金の採択率はどのくらいですか?

A.

補助金によって様々ですが、おおよそ4~6割程度です。


例えば2021年のIT導入補助金の採択率は、1次締切分の平均が55.5%、2次締切分が平均52.7%でした。つまり、申請者の「2人に1人以上」が不採択となっているのです。


不採択になる主な理由は、書類不備や書類内容の信ぴょう性の低さなどが挙げられます。
誰にもフィードバックを貰わずひとりで申請すると、このようなミスをする可能性も上がります。プロに申請を手伝ってもらうと、採択率が上がり作業負担も減るのでおすすめです。

★サポート行政書士法人の実績:

IT導入補助金2022「デジタル化基盤導入類型」1次締切~10次締切の採択率は90%以上!

ぜひ無料相談へお越しください。

Q.補助金や助成金は複数併用できますか?

A.
経費内容が重複しなければ併用可能な場合があります。併用できないケースもあるので、各補助金の要綱をよく確認しましょう。

原則として、同じ機関や自治体へ、同じものを対象とする補助は受けられません。申請先が異なっても、財源が異なれば同様なので注意が必要です。

Q.行政書士に頼むとどんなサポートをしてもらえますか?

A.

各法人によってサポート内容は異なります。

サポート行政書士法人の場合、受給できるかできないかを決める重要な書類作成を徹底的にサポートいたします。

具体的には、書類作成実務、書類作成過程のヒアリング、必要書類の整理、申請の代行等をお任せいただけます。

サポート行政書士法人にはこれまでに多くの受注実績があります。培った経験・ノウハウを基に、ご自身の状況に合った補助金をご提案できます。

Q.補助金を申請するメリットとは?

A.

・返済不要のお金がもらえる!

・種類が多く、自分に合った補助金を見つけられる

・事業の価値が上がる

→書類審査を経て補助金を支給されたということは、『その事業計画に優位性や将来性があると認められたことの証明』になります。

・支給額が多い

→数百万円~大規模な政策に関する補助金ならば数億円規模の場合もあります。

Q.補助金を申請するデメリットとは?

A.

・情報収集が難しい

補助金診断補助金検索を使えば簡単!

・審査に通らないともらえない

・手続きが大変

補助金のプロと一緒に対策しましょう(※下に無料相談ページ貼る形でも良い)

Q.助成金を申請するメリットとは?

A.

・基本的にいつでも申請可能

→通年で公募している場合が多いです。

・条件に合っていればほぼ確実に支給される

Q.助成金を申請するデメリットとは?

A.

・人気の助成金は募集期間が短縮される

→助成金の多くは3月末の年度いっぱい募集しています。しかし人気のある助成金の場合、2カ月程度で終了することも。手続きの際は注意!

 

お問い合わせはこちら

    会社名(法人の場合)
    お名前 必須
    メールアドレス必須
    TEL必須
    所在地(市区町村まで)

    都道府県:

    市区町村:

    現在の業種(複数選択可)
     ※「その他」の場合ご記入ください:(
    従業員数
    ご質問内容必須
    どの補助金に関するご質問ですか?必須
     ※「その他」の場合ご記入ください:(