小規模事業者持続化補助金

最終更新日:2022年5月12日

小規模事業者・個人事業主の販路開拓を支援する補助金

小規模事業者持続化補助金

◇小規模事業者持続化補助金とは?

小規模事業者・個人事業主が、地域の商工会や商工会議所の助言等を受けて経営計画を作成し、
その計画に沿って地道な販路開拓等に取り組む費用が補助される補助金です。

〈申請枠の類型〉

小規模事業者持続化補助金には、現在6種類の申請類型があります。

①通常枠
従来から設定されている一般的な申請枠です。

②賃金引上げ枠

販路開拓の取り組みに加え、
事業場内最低賃金が地域別最低賃金より+30円以上である小規模事業者が対象です。
 ※赤字事業者は、補助率が 2/3から3/4に引き上げられます。

③卒業枠

販路開拓の取り組みに加え、
雇用を増やし小規模事業者の従業員数を超えて事業規模を拡大する小規模事業者が対象です。

④後継者支援枠

販路開拓の取り組みに加え、
「アトツギ甲子園」においてファイナリストに選ばれた小規模事業者が対象です。

⑤創業枠

産業競争力強化法に基づく「特定創業支援等事業の支援」を受け、
販路開拓に取り組む創業した小規模事業者が対象です。

⑥インボイス枠
免税事業者であった事業者が、新たにインボイス発行事業者として登録し、
販路開拓に取り組む小規模事業者が対象です。

〈補助率・補助上限額〉

通常枠の補助上限額は50万円ですが、
それ以外の枠に該当する場合はより多くの補助金を受給できる可能性があります。

〈対象者〉

対象となるのは、小規模事業者・個人事業主です。
業種によって、小規模事業者とされる従業員の数は異なりますが、業種による制限はありません。

業種常時使用する従業員の数
卸売業・小売業5人以下
サービス業(宿泊業・娯楽業以外)5人以下
サービス業のうち宿泊業・娯楽業20人以下
製造業その他20人以下

〈対象経費〉


以下のような経費が対象となります。

補助対象経費科目活用事例
①機械装置等費製造装置の購入等
②広報費新サービスを紹介するチラシ作成・配布、看板の設置等
③ウェブサイト関連費ウェブサイトやECサイト等を構築、更新、改修するために要する経費
④展示会等出展費展示会・商談会の出展料等
⑤旅費販路開拓(展示会等の会場との往復を含む)等を行うための旅費
⑥開発費新商品・システムの試作開発費等(販売商品の原材料費は対象外)
⑦資料購入費補助事業に関連する資料・図書等
⑧雑役務費補助事業のために雇用したアルバイト・派遣社員費用
⑨借料機器・設備のリース・レンタル料(所有権移転を伴わないもの)
⑩設備処分費新サービスを行うためのスペース確保を目的とした設備処分等
⑪委託・外注費店舗改装など自社では実施困難な業務を第3者に依頼(契約必須)

※注意点※
・「③ウェブサイト関連費」は交付申請額の1/4が上限です。
・「③ウェブサイト関連費」のみでの申請はできません。
・「⑩設備処分費」は交付申請額の1/2が上限となっております。

◇具体的にどんな取り組みが対象になるの?

対象経費に該当する取り組みであれば、様々なものが対象となる可能性があります。
以下は「販売促進」「改装」「商品開発」の場合の具体例です。

【販売促進
チラシ・ポスター・ポップ・パンフレット等の作成

《対象経費の具体例》
商品宣伝のためのイベントを知らせる広告
商品の改良にともなう販促用ポスターの作成・配布
新商品の導入&普及を知らせる広告
HP開設(ウェブショップ・自社サイトの拡充or新設)
国内外の展示会への出展
海外市場開拓にともなう海外向けプロモーション
会社 or 店舗 独自の「ゆるキャラ」を制作
既存商品のラベルリニューアル

【改装】
工事による顧客満足度向上から集客を狙う

《対象経費の具体例》
高性能のトイレ設置
和式トイレを洋式トイレへ変更
座敷席の導入
店内改装による大幅イメージチェンジ
看板の新設・増設
外装・内装などの改装工事

【商品開発】
新商品(orサービス)開発による集客向上

《対象経費の具体例》
新しい包装紙の導入 
古くなった商品パッケージのデザインを一新
新たなキャラクターを登用したパッケージ開発
新メニューの開発(飲食)
コンシェルジュを雇用してサービスの質を向上

◇様々な業態で申請することができます

事業者様の業態に関しても、一部を除いて制限はないため、
多くの業態の方が申請可能となっております。
また、業態と補助対象経費との組み合わせも様々なものが考えられます。

業態補助対象経費
福祉事業ECサイト作成
整体院ECサイト作成
アーティスト販促用アプリの制作
住宅販売美容エステ機器の導入
エステサロン視力測定器の導入
眼鏡店セルフホワイトニング機器の導入
ヘッドスパ新商品(ペットフード)の開発
飲食コンサルテイクアウト・デリバリー事業の立ち上げ
飲食コンサル会員制オンラインシステム構築・オンライン研修動画の撮影
フリーランスアナウンサーECサイト作成
美容院テイクアウトサービスを紹介・宣伝するHP・動画及びチラシの作成
飲食店オンラインスクールの実施、HP作成、広告
結婚相談所完全オンライン化婚活サービスシステムの構築

◆小規模事業者持続化補助金の申請をサポートしています(有料)

本サイトの運営会社「サポート行政書士法人」では、持続化補助金の申請代行サービスを有料で提供しています。

本補助金は申請枠がいくつもあるほか、
本ページで紹介した内容以外にも申請条件が細かく定められており、
補助金の初心者にとっては申請までのハードルが高いのが実情です。

弊社では、各種補助金の申請で培ってきた豊富な実績・ノウハウを活かし、
全国の小規模事業者・個人事業主のみなさまを対象に、
申請書の作成や事務局への手続きを徹底的にサポートします。

〈サポート行政書士法人に依頼するメリット〉

 
① あらゆる業種のサポート実績があります

理・美容院、ネイルサロン、整骨院、出版社、WEB制作会社、コンサルタント会社・工事施工店・印刷会社など…  
企業、様々な業種の申請サポート実績があります。  
それぞれの業種に合わせて、採択につながる申請書を作成することが可能です。


② 商工会議所の助言によるノウハウがあります!

多数の申請をサポートする中で、商工会議所からの意見やアドバイスが蓄積されています。  
予めどんな指摘がくるかを予想し、ポイントをおさえた申請書を作成します。
また、助言があった場合には速やかに修正の対応を行います。


③ 採択されなければ報酬は返金します!

報酬はお申し込み時にお支払いいただき、不採択の場合は返金いたします。

※手続きに係る費用(謄本取得など)は別途発生いたします。
※着手金は不採択の場合でもお支払いいただきますが、
 多数ご依頼の場合には、着手金なしも検討可能です。お気軽にご相談ください。
※実績報告のサポートは含みません。ご希望の場合は別途報酬が発生いたします。

〈詳細は「サポート行政書士法人」のHPでも紹介しています〉

◆「小規模事業者持続化補助金」専用・申請支援お問い合わせフォーム

本サイトの運営会社「サポート行政書士法人」の各補助金の専門スタッフから、
お電話またはメールにてご連絡させていただきます。

 
★初回相談までは無料です!★
 

※お問い合わせ内容から申請が困難と考えられる場合は、その旨も含めてご連絡します。
※小規模事業者持続化補助金以外のお問い合わせは、右上「会員登録・お問い合わせ」からお入りください。
※アカウントの作成、IDの再発行などのご質問は事務局へお問い合わせください。

    会社名・名前 必須
    メールアドレス必須
    TEL必須
    ご希望の連絡方法必須
    所在地(市区町村まで)

    都道府県:

    市区町村:

    現在の業種(複数選択可)必須
     ※「その他」の場合はこちらにご記入ください:(
    従業員数必須
    主な対象経費(予定)必須

     ※「その他」の場合はこちらにご記入ください:(

    補助対象物品の購入予定時期必須
    オンライン面談
    GbizIDの取得状況
    メルマガでの情報提供
    過去に以下いずれかの小規模事業者持続化補助金を受けたことがありますか。
    ご質問内容必須

    ※迅速な回答を心がけていますが、返信がない場合はお手数ですが再度問い合わせください。

    ※本サイトの運営会社の営業時間は平日9:00~18:00となっております。営業時間外のお問合せについては、翌営業日以降の対応となる場合があります。

    ※ご質問内容によっては対応致しかねる場合がありますので、予めご了承ください。