エコ関連補助金Q&A

エコ関連補助金を申請したい方へ
環境にやさしいエコカーや、太陽光住宅を導入される方は必見。
ひとくちに「エコ系」といっても、住宅エコリフォーム推進事業CEV補助金災害にも強く健康にも資する断熱・太陽光住宅普及拡大事業などさまざまな種類があります。
申請のサポートはこちらから!

◇エコ関連補助金

Q.申請先はどこですか?

A.国や、対象機器を設置する予定(又は設置済み)の都道府県・自治体が主な申請先です。

Q.どんなものが補助対象になりますか?

A.主に、太陽光・蓄電池・エネファーム・HEMS(家庭で使うエネルギーを節約するための管理システム)・ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)が多いですが、その他にも⾼効率給湯器(エコキュート、ハイブリッド給湯器)・窓の断熱改修・LED等 申請先によって対象機器は異なります。

Q.他の補助金との併用は可能ですか?

A.併用可能な場合があります。原則として、同じ機関や自治体へ、同じものを対象とする補助は受けられません。申請先が異なっても、財源が異なれば同様なので注意が必要です。

Q.交付申請の審査において、現地調査を行うことはありますか?

A.申請先によっては、必要に応じて行う場合があります。

Q.二世帯住宅で、蓄電池システムを親世帯と子世帯に設置する予定です。 それぞれの世帯ごとに申請は可能ですか?

A.世帯ごとに申請が可能(2台分の補助金を受けることが可能)な場合がほとんどです。

Q.申請期限はいつまでですか?

A.申請期限は、申請先によってそれぞれ異なります。自治体は工事完了後30日以内に完了後申請を行う必要があったり完了後申請の後にさらに補助金請求手続きをしなければならない場合もあります。期限内に申請できなければ、補助金が交付されない場合もあります。

Q.対象機器を既に設置してしまいましたが、今からでも補助金申請はできますか?

A.申請先にもよりますが、設置済の場合申請ができない場合があります。設置工事前に申請を行い、申請先の審査・交付決定後に設置することが要件になっていることがあるためです。

Q.申請に必要な写真はどのようなものが必要ですか?

A.家の全景、機器の設置写真、品番・製造番号が記載された銘板の写真が求められることが多いです。機器設置前の写真や、新築の場合は更地の写真が必要になることもあります。

Q.申請先から交付決定通知書というものが届きました。申請手続きはこれで終わりですか?

A.システム設置後は必ず完了報告として書類の提出が必要です。提出の期限も申請者様や申請先によって様々で、期限を過ぎると補助金を受けることができないので注意が必要です。

【補助金全般】お問合せはこちら

    会社名(法人の場合)
    お名前 必須
    メールアドレス必須
    TEL必須
    所在地(市区町村まで)

    都道府県:

    市区町村:

    現在の業種(複数選択可)
     ※「その他」の場合ご記入ください:(
    従業員数
    ご質問内容必須
    どの補助金に関するご質問ですか?必須
     ※「その他」の場合ご記入ください:(

    【エコ系】CEV補助金のお問い合わせはこちら

      会社名(法人の場合)
      お名前 必須
      メールアドレス必須
      TEL必須
      所在地(市区町村まで)

      都道府県:

      市区町村:

      オンライン面談
      ご質問内容必須